職場で上手に人間関係を築くコツ

ewiojtifgew

職場で円満な人間関係を築いていく事ができれば、
居心地がよくなるだけではなく、仕事もスムーズにいきますよね。

そこで、人間関係が上手くいくようなコツを知っておくと安心ですよ。

 

○介護施設と病院との違いを理解すること・・・
介護施設は介護サービスが主となりますので、介護スタッフが中心です。
看護師は介護スタッフが手をつけられない分野を補っていくような役割です。
病院で勤務していた頃とは立場が違うという事を受け入れなくてはいけません。

 

○他の職種の仕事に関心を持って、把握する・・・
看護職以外の職種の仕事内容を理解することによって、
看護師も働きやすくなるんですよ。相手の仕事を尊重することが大切です。

 

○介護チームの一員であることを認識する・・・
他のスタッフと距離が出来すぎると、うまく連携がとれなくなり
仕事の効率が悪くなります。必要な場合は快くサポートし、
情報の共有を心掛けるといったような広い視野で協力していく意識を持ちたいですよね。

 

介護施設には、常勤の医師が居ないという場合が多くなります。
ですので看護師は、医師の代わりとして医学的な判断を行ったり
処置を行うことを求められるんですね。

病院勤務の経験が活かされることも多く、利用者様や家族の方とともに、
他のスタッフから頼られる事も多くあるんですよ。
そのため、自己研鑽を重ねつつ、看護の知識や技術を高めておきたいですよね。

 

 

介護施設で働く看護師の悩みややりがい

iuehf

介護施設は介護スタッフが主役の職場です。
看護師は、サポート役というようなイメージですよね。

介護施設は介護を行う場所であり、介護スタッフの方が人数も多く、
サービスを提供する中心となるのは当然ですよね。

 

そんな中、看護職に対する理解が得られなかったり、
非協力などの問題が起きてしまうと残念ですよね。
介護施設で勤務する看護師が大変に感じていることを見てみましょう。

看護師が少なく心細い
・介護スタッフとの関係が難しい
・ケアマネジャーなどとの連携が必要
・利用者様の情報収集や服薬管理が大変
・バイタルチェックや点滴、胃ろうなどの仕事が中心
・家族が口うるさい
・家族への連絡が負担
・看護師の判断で対処することが多く責任重大
・かかりつけの医療機関が休みの時の対応に困る

このように、病院とは違った悩みや苦労があるんですね。

 

常勤の医師がいない介護現場の看護師は、
急変時の緊急対応が一番大変ですよね。

突然の事態となれば、医学的判断は看護師にゆだねられる場合があります。
利用者様の状態が変化した際に、どのように対応していくのかを直ちに判断し、
適切に処置していかなくてはなりません。

 

医療従事者としてリーダーシップを発揮し、
迅速に対応していかなくてはなりませんので、相当なプレッシャーとなります。

ですが、その分大きなやりがいや存在意義などを
感じる事が出来る職場だと言えますよね。

 

 

病棟看護師と訪問看護師の違いとは【2】

oijifef

なんでも一人でこなしていくことを要求される訪問看護の仕事ですが、
訪問をする際には一人でも、基本的にチームを組んで
仕事をしていくことになります。

ですので、なんでも一人でやらないと!という事ではないんですよ。
逆に言うと、同じチームの仲間の誰もが、その在宅医療を受けている患者さんの
情報を知る事ができるようにしておかなくてはなりません。

 

「一人で訪問するんだから自分だけが分かればいいや」
というわけにはいかないんですね。

訪問看護ステーションごとに、看護記録の方法などは変わってきます。
この辺りも、独りよがりにならないようにしておくことが大切ですよ。

 

訪問看護師が出来る医療行為の範囲もあります。
看護師が出来る以上のケアを行ってしまう事がないようにすることも大切なんです。

在宅医療を受けている患者さんの中には、
医師と看護師の区別がうまく出来ない方もおられます。

 

病棟であれば、「先生を呼んできますね」と患者さんに言えば、
患者さんも医師がすぐに来ると安心しますよね。
ですが、在宅医療の場合には、すぐに医師が来ることが出来ない場合も多くあります。

「看護師なら出来るでしょ?」と、
家族の方に言われてしまう事もあるかもしれません。

 

このような部分は、経験がなくてはうまく立ち回れない部分でもあるんですね。
病棟看護師とは異なる経験を積む事もとても大切です。

仕事を続けていくうちにやりがいを感じる事が出来るのが、
訪問看護師のいいところなんですよ。

 

 

病棟看護師と訪問看護師の違いとは【1】

wiouehuij

多くの人と関わりを持ちつつ仕事をしているのが看護師ですよね。
ですが、訪問看護師となると少し変わって来るんです。
病棟看護師と訪問看護師では、何が違うのでしょうか。

大きな違いは、看護師としてサポートしていく部分になります。
病棟では患者さんが病気を治療するために入院してこられます。
看護師はそれをサポートしていきますよね。

 

ですが、在宅医療では、患者さんが自宅で生活しながら
療養しているという状態です。
ですので、まず大切になるのは、患者さんの日々の生活ですよね。

訪問看護師はその生活を支えていくことが仕事になります。

 

病棟では自分の職場に患者さんが来てくれることに対して、
訪問看護では相手の懐に飛び込んでいくというような違いがあるんですね。

病棟看護師の場合、同僚に囲まれて働いていますよね。
時には、それが億劫だったり憂鬱になる原因となることもあるかもしれません。

 

ですが、周りに仲間がいることで頼る事が出来ますよね。
困った事や分からない事を相談して解決することも出来ます。
愚痴を言い合うことだって、同僚がいるから出来る事ですよね。

ですが、訪問看護師の場合、
基本的に一人で患者さんの自宅に訪問することになります。

 

全ての業務を自分一人で行わなくてはならないということは、
病棟看護師とのとても大きな違いですよね。

テキパキと処置を行ったり、患者さんの様子を正確に観察したりということは、
一人で行うことが意外と大変だったりするんです。

 

 

乳児院看護師 日勤と夜勤の仕事内容は?

tcyvbhj

 

別の記事で乳児院の一日の流れをご紹介しました。

そちらのようなスケジュールの中で、
看護師が日勤として出勤することになるのは、
朝8時~夕方4時半くらいの時間となります。

 

こども達が静かな遊びをしている頃に出勤して、
入浴をしている頃に退勤するということになりますよね。

この時間帯に看護師が行っていく仕事は、
月齢が低いこども達のケアを中心として、
こども達と一緒に過ごしながら観察するということがメインになります。

 

遊んでいる間に体調に変化がないかどうか等、
遊びを通して確認していきます。

また、日勤の時間帯には、入所しているこどもの保護者の方と
面談を行うという事も仕事になります。

 

こどもが家庭に帰った際に気をつける事や、
健康に関するアドバイスなどを行っていきます。
書類を作成したりといった事務的な仕事もあるんですよ。

看護師が夜勤で勤務する際には、夕方4時~朝9時くらいまでの勤務となります。
入浴を始める頃から、夜の静かな遊びが終わる頃ですよね。

 

夜勤では、こども達とスキンシップを取りつつ、
就寝前の検温・視診、起床後の検温・視診といったことを行います

夜間はこども達が体調を崩しやすい時間帯でもあります。
日中の活動の疲れが、夜間にどっと出てしまうので、
そのような時間帯の看護師には、とても重要な役割があると言えますよね。

日勤の看護師からの引継ぎで、書類作成などを行う事もありますよ。

 

 

とある乳児院の一日

eiuhrf

乳児院には、生後間もない乳児~2歳くらいまでの幼児が生活していますよね。
生活をしていますので、当然24時間365日運営されている施設になります。

そのため、働いているスタッフも、24時間体制での勤務を行う必要がありますよね。
24時間体制で勤務するスタッフの中には、
当然看護師を含む医療スタッフも含まれています。

 

では、乳児院の一日で、日勤と夜勤の仕事内容はどのように違うのか、
大まかな乳児院の一日の流れを見てみましょう。

そして、その中で看護師を含む医療スタッフの仕事にはどのようなものがあるのかを、
2記事続けてチェックしてみましょう!

 

乳児院の一日は朝6時くらいから始まります。
こども達は、起床後にオムツ交換や検温・視診などを行い
体調のチェックを受けていきます。

7時頃からは朝食となります。着替えをして朝食をいただきます。
その後は静的な遊びの時間となり、紙芝居や絵本・手遊びなどを行っていきます。

 

9時頃にはおやつの時間となります。
食事では補いきれない栄養を摂取していくのが、
おやつの大切な役割なんですよ。

10時半くらいから、保育活動が始まります。
月齢や年齢にあわせたお散歩・外気浴といった、
屋外活動をメインとして行っていきます。

 

11時からは昼食となります。
行事食をはじめ、成長段階にあわせた食事を摂っていきます。

12時から14時頃まではお昼寝の時間となります。
お昼寝から起きたらおやつの時間となり、おやつを食べ終わると、
再び屋外活動を中心とした保育が行われていきます。

 

たくさん遊んだ後16時頃から入浴となります。
17時頃には夕食となり、20時の就寝までは、静的な遊びを行う時間となっています。

 

 

必見!新卒看護師が希望の職場に就職するには【2】

iwuehnfr

病院の中には、看護師以外のスタッフも多く働いていますよね。

看護師だけが忙しそうな病院や、看護師とスタッフがギスギスしているような
空気がある病院、看護師だけが上から指示しているような病院・・・
このような病院はなんだか不自然ですよね。

 

不自然な人間関係の職場は、やはりいびつです。
看護師以外のスタッフも生き生きと働き、
お互いを尊重して働いているというような職場が理想的ですよね。

そのような病院を探すには、データや話だけで職場を決めるのではなく、
実際に病棟の様子などを見学させてもらえるような職場がいいですよね。

 

新卒の看護師と言っても、
働くにあたりいくつか自分の中の条件というものがありますよね。

給料や雇用条件はあっているのかという事や、
症例などが多く臨床経験が積めるのかどうかという事や、
福利厚生などは充実しているのかという事などがあると思います。

 

このような事を実際にチェックしていくのは、
新卒看護師には難しいかもしれないのですが、
出来るだけ頑張って確認してみることが大切です。

卒業直前になると、ここまで細かい確認を行う事は難しくなってしまいます。
希望のところに就職するためには、
ある程度時間に余裕を持って行動しなくてはなりません。

 

また、出来るだけ多くの情報を集めるという事も大切ですよ。
学校の就職担当者を頼るだけではなく、
出来るだけ多くの情報を得られるようにしてみてくださいね。

 

 

必見!新卒看護師が希望の職場に就職するには【1】

woijreif

新卒看護師が希望の職場に就職するためには、
まず自分の希望をしっかりと考えられる事が大切になります。

漠然とした希望ではなく、
できればはっきりとした希望を持っておく方がいいんですよ。

 

新卒看護師が就職し、看護経験を積み重ねていく際に、
実は初めの配属というのはとても重要なんです。

ここで、どんな仕事をするのか、どんな臨床経験を積む事が出来るのかによって、
新卒看護師の看護師としての判断基準が出来上がるんですね。

 

初めの一歩を踏み出すときに、曖昧な希望であれば、
判断基準もぶれやすくなりますよね。

ですので、まずは希望をしっかりと考えた上で、

職場選びをすることが大切ですよ。

 

自分では希望があるけれど、その希望が打ち砕かれるという事も、
看護師の職場では多々あるんです。
その理由は、新人教育に不慣れな病院だったという事もあるんですよ。

病院の病棟勤務はとても忙しいので、どうしても先輩看護師も
新人教育に時間を割く余裕がないという場合もあります。

 

「私達が新人だった頃は見て覚えるのが当たり前だった」
このように考えている先輩看護師に囲まれてしまったら、
当然見よう見まねで働くしかありませんよね。

ですが、見よう見まねで働いてみた結果、失敗してしまい怒られたという事や、
間違った事をしてしまい怒られたという事が続いてしまうと、
仕事を続けていくことが難しくなる事もありますよね。

 

精神的に病んでしまう看護師も多いんです。

ですので、新人教育にしっかりと力を入れている職場を探すということが、
看護師人生のスタートにとても重要な意味を持つんですよ。

 

 

男の看護師が快適に働ける病院とは?

男性看護師は増えた?

dejfijief
看護師はもともと「看護婦」と呼ばれていたくらい、
女性が多い職業の一つです。

しかし、看護婦が看護師という名称に変化したように、
看護職に付く男性も増えてきています。

 

看護協会で発表している資料では、
2004年度には31594名だった男性看護師は
2012年度には63321名にまで増えてきています。

保健師や准看護師として働いている男性看護職員を
トータルしてみると、2012年度には87199名が
働いている
ことになります。

 

その男性看護職員の多くは、病院に勤務していて、
次いで診療所、介護老人保健施設や
介護老人福祉施設に勤務しています。

 

男性看護師ならではの体力が好まれる病院

 

女性看護師に比べて男性看護師は
体力の面ではとても優れていますよね。

そのため、男性看護師ならではの体力が好まれる
病院は、頼りにされて働きやすい病院である。
ということが多くみられます。

 

では、この男性ならではの体力が好まれる病院は
どのような病院でしょうか。

 

・整形外科やリハビリ科
・精神科
・放射線科

とくにこの辺りの診療科目は病院の中でも
男性看護師の配置が行われやすい診療科目です。

 

とくに整形外科やリハビリ科は
診療の介添えなどで力強い男性看護師がいると
患者さんにも安心感を与えることが出来る
ようです。

 

高齢者が多い病棟も男性看護師は頼られる

uiweyrnf
高齢の患者さんが多く入院している病院では
男性看護師の直接的な力強さが
とても頼りにされます。

体位変換や排泄ケアなども、やはり場合によっては
力強さが必要になるケースもあります。

 

特に男性患者さんが多い病棟では、
排泄ケアを女性看護師にやってもらうのに
抵抗感を持っているという男性患者さんもいます。

また、逆に思春期の男性患者さんの中には
女性看護師にケアをしてもらうのが恥ずかしく、
男性看護師を頼りにするという人もいます。

 

このような男性患者さんからすると、男性看護師は
よき「兄貴」のような存在で頼られるようです。

 

kangokoara.com

 

男性看護師同士のつながりがある職場

 

男性看護師はさまざまな面で頼りになる一面を
持っていますが、やはり絶対数としては
まだまだ少ない存在です。

そのため、病院の中でも男性看護師の数が少なく、
場合によっては病棟には一人しか男性看護師が
いないというケースもまだまだ多い
ですよね。

 

このようなケースでは、病棟を超えたつながりがあり、
男性看護師同士のコミュニケーションをとることが出来る
という病院
は比較的快適に勤務できるそうです。

男性看護師同士にしか分からない悩み、
相談などをお互いに行うことが出来る職場は
男性看護師にとって一番快適な職場になりそうです。

 

入職の際にはこのような点もチェックしてみると
いいようですね。